住みやすい環境を作るために、住宅の環境を変える

Home Japanese

畳を変える

交換するときの平均相場

畳張替えにかかる費用は業者によって違います。個人でやってるところ企業としてやってるところがあります。個人でやってるところのほうが手間暇かかってやってますから費用は高いかもしれないです。企業側は一律料金が決まっていると思いますので極力安く提供していると思います。どちらを利用するかはお客様の判断になりますがどちらもいい畳に仕上げてくれると思います。張替えを行うときには古い畳をつかいます。表面だけ張替えを行います。日数もかかってしまいますから前もって予約をしておくことが必要となります。個人でやっているところはなおさら予約が必要ですので電話で確認を取っておくようにしてください。企業側はいつでも連絡をすることができますので気軽に利用してください。

なぜ張替が必要なのか

和室というのは日当たりの良い場所にできているところとそうではないことが想定されます。もし日当たりがよくなければ湿気が溜ってしまい畳を痛めてしまうことになります。痛むスピードが速くなるんです。ダニなど害虫が発せしやすい環境を作ってしまうのでできれば日あたりがいい場所に和室を作ってもらえたらと思います。畳張替えの時期の目安は1年が基本です。年月が経つにつれて色も褪せてきますし、小さい子供がいれば走り回ったりしているうちにぼろぼろになってくることも考えられます。そうなってくると転んだ時のけがの原因ともなってしまいますから目安としては1年おきに交換をしてもらえたらと思います。そして部屋の喚起を定期的にして湿気を外に出してほしいと思います。